英単語が覚えられない方にお勧めの英単語記憶法を公開

英単語

単語がわからなくて英語が読めない、聞けない。だけど、英単語を覚えようと思ってもなかなか頭に入ってこないと悩んでいる方も多いと思います。純ドメからニューヨークで働くまでになった私が、過去の試行錯誤の末にたどり着いた最も効率的な英単語勉強法を公開します。

結論:英単語は音声CDを活用して覚えると格段に速い

英単語の勉強は全く楽しくないのですが、単語を知らないと、英語を読めない、書けない、聞けない、話せないという状態になってしまうため、単語は全ての基礎として何としても覚える必要があります。

英単語の勉強がうまくできないと、英語学習の成長が感じられず、つまらなくなって勉強をやめてしまうリスクも高くなるので、そんなことにならないように、ここに書いてある効率的英単語勉強法で単語をどんどん覚えていってください。

最初に書いてしまっていますが、効率的英単語勉強法というのは、音声CDを使って覚えるという単純なものです。多くの英単語帳には付属の音声CDがついていると思いますが、これを使っていない人も多くいます。

英単語を覚えるとき、見て覚える、書いて覚える、発音して覚えるなど、様々な方法がありますが、なぜCDを使うことが最も効率的なのか、2つの理由があります。

理由その1:単語を覚えるペースを一定に保てる

単語帳を読んで覚えようとしたときに、なかなか覚えられない単語を記憶しようとしていたら、1分以上1つの単語に費やしてしまったという経験をしている方も多いのではないでしょうか?平均5秒で1つの単語を学習していけば、10分で120語を覚えられるのに、1分以上も1つの単語に費やしてしまったら、覚えられる単語の数が大きく減ってしまいます。

英単語は繰り返し学習することで記憶に定着していきます。覚えにくい単語であっても、5秒程度経ったら次の単語に進み、少し時間をおいてまた覚えるという繰り返しを行うことで、確実に覚えられます。

音声CDを使うことの最大のメリットは、英単語を覚えるペースを強制的に一定のペースに保てることにあります。自分で読んで覚えようとすると、どうしても覚えにくい単語のところで止まってしまうので、ペースダウンするリスクがあります。

理由その2:複数の感覚を使った方が記憶に残りやすい

人間は、より強い印象を受けた物事は忘れにくくなります。これは英単語の学習についても同じで、読んで覚えるだけだと視覚だけを使うことになりますが、音声CDを使って聞きながら単語帳を読むと、視覚に加えて聴覚も使うことになります。さらに、音声CDの真似をして発音をしながら勉強すれば、より強く記憶に働きかけることができます。

音声CD付英単語帳を使った具体的勉強法

私は、音声CDを使って英単語帳を3回程度繰り返した後、4回目以降に聞くときは、確実に覚えた単語は、単語の横に小さく〇をつけていました。5回目以降も同じように繰り返すことで、確実に〇が増えていく単語の数が増えることで成長を実感できますし、中には一度〇をつけたのに次に聞いた時には忘れてしまっている単語を発見できるという効果もあります。

私は、TOEFLの受験勉強の時にこの方法に気付きました。それまで、2か月かけてもなかなか覚えられなかったが単語帳が、音声CDを使い始めて1か月で全ての単語を記憶できたので、自分自身でもその効果にとても驚きました。

厳選:お勧め英単語帳を1つだけ紹介します

英単語帳は数多くあり、私自身もそれほどたくさんの種類を使ったわけではないのですが、海外で仕事をする、英語でビジネスをするという方にお勧めの単語帳を1つだけ紹介します。

これは、TOEFL受験をした人なら誰でも知っている決定版ともいうべき単語帳ですが、TOEFL受験に限らず、英語で生活をし、ビジネスをする上で欠かせない単語力を身につけることができます。レベル別に4段階に分かれているので、自分のレベルに合わせて少しずつ覚えることもできます。

私の感覚的には、この3800に出てくる単語さえ覚えれば、色々な英語の試験にも対応できますし、また実際に海外で英語で仕事をする際にも使えると思います。これまでに色々な単語帳を試してきた方には、この3800だけに絞って繰り返し学習することをお勧めします。

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*