コスパ最高のオンライン英会話3校とその活用方法を紹介します

英会話学校紹介

手軽に英会話が学べるオンライン英会話に入会したいけど、たくさんありすぎてどこにすればよいか決められないという人に向けて、できるだけコストを掛けずに、でも学習効果は最大化できるコスパ最高の3校を紹介します。また、効果を最大化するための活用方法も公開します。

自分に合ったオンライン英会話スクールを選ぶための3つの質問

オンライン英会話スクールを活用して、短期間で大きな効果を上げるためには、自分がどのような場面で英語を使いたいのかを具体的にイメージして、その場面のロールプレイングを行うことが大事です。また、ロールプレイングのための事前準備(予習)と復習を行うことで、学習効果は格段に高まります。

ロールプレイングを行うための予習・復習方法は以下のリンクで詳細に説明していますので、参考にしてください。

ちょっとの工夫が大きな違いを生む超効率的な英会話勉強法

それでは、オンライン英会話スクールを選ぶために、以下の3つの質問にYes/Noで答えてください。

英会話スクールを選ぶための3つの質問

  1. 英会話をロールプレイングするための原稿準備にきちんと時間を割くことができる
  2. 主に英会話をする相手は英語を第二外国語とする人達だ(東南アジア、英国以外の欧州など)
  3. 自分は計画的に勉強を進めていくことができる

この3つの質問にYesが多ければ多いほど、より低料金のスクールでも十分な学習効果を発揮することができます。

とはいえ、これから紹介する3つのスクールとも通学タイプの英会話学校と比べれば格段に低価格ですし、(この文章を書いている時点では)無料体験もやっているので、どうせタダなら3つとも無料体験をしてみて、ご自分で合う/合わないを判断してもよいと思います。英会話は数をこなすことで上達する部分も多分にありますので、無料体験も英会話の勉強になります。

無料体験を使って、そのスクールが自分に合うか、合わないかを判断するための方法も下で解説していますので、参考にしてください。

厳選:お勧めオンライン英会話スクール

それでは、先ほどの3つの質問の回答結果を踏まえたお勧めオンライン英会話スクールを紹介します。ちなみに、私はウェブサイトのトップ画面に有名人を多く起用しているスクールはお勧めしていません。理由は、広告宣伝費に多くのお金をかけているからです。同じ料金であれば、広告宣伝費よりも講師やシステムにお金をかけているスクールの方が質の高いサービスを受けられる可能性が高いと思っています。

3つの質問に全てYesの方にお勧めのスクール

【レアジョブ英会話】

3つ全てYesの方にお勧めのスクールは、フィリピン英会話の大御所であるレアジョブになります。

レアジョブは学習教材がそれほど充実していないのですが、自分でロールプレイング用の原稿を準備できる方であれば、自分の原稿が最高の学習教材になりますので、その点は問題にはなりません。

英会話はなんといっても話さなければ上達しませんので、低料金でたくさん話せるレアジョブはコスパ最高です。

1点検討のポイントは、講師は英語堪能なフィリピン人なのですが、英語は第二外国語なので英語ネイティブと比較すると、少しだけフィリピンなまりがあるのと、会話のスピードはネイティブよりも少し遅い人が多いです。リスニング力も同時に高めたいという方は、次に紹介するキャンブリーも併せて検討してもよいと思います。

2番目の質問だけNoの方にお勧めのスクール

【Cambly(キャンブリー)】

主に英語ネイティブの方との会話を想定されている方には、英語ネイティブが講師にいるキャンブリーがお勧めです。

キャンブリーではカリキュラムに沿った学習もありますが、自分のニーズに完全にカスタマイズされたものではありません。ただし、自分でロールプレイング用の原稿を準備できる方であれば、自分の原稿が最高の学習教材になりますので、その点は問題にはなりません。

英語ネイティブとのナチュラルなスピードでの会話によって、リスニング力も高めることができますが、講師の中にはこちらに気を使ってゆっくり話す方もいるので、最初に「Please speak at your normal conversation speed so that I can improve my listening skills」と伝えて、通常の会話スピードで話してもらうようにしましょう。

1番目の質問だけNoの方にお勧めのスクール

【ベストティーチャー】

仕事が忙しくて自分用のロールプレイング原稿を準備する時間がないという方や、英語で自分用の英会話原稿を書く自信のない方には、ベストティーチャーが断然お勧めです。

このスクールでは、講師と一緒に自分用の原稿を書くことがレッスンに組み込まれていますので、自分で原稿を書くのが難しい、原稿を書く時間をなかなか取れないという方でも、自分用の最高の教材を作成して学習することができます。

上の2校と比べると少しだけ値段が高くなりますが、予習(原稿作成)の時間を節約できますので、料金が許容範囲の方にとってはベストスクールかもしれません。

3番目の質問がNoの方にお勧めのスクール

オンライン英会話は自宅で英会話の学習ができるという利便性の高さが最大の利点なのですが、授業をすっぽかしても講師に迷惑をかけたという気になりにくく、またスクールからフォローアップのメールや電話が来ることも基本的にはありません。

なので、計画的に勉強することが苦手だったり、追い込まれないと勉強に本腰が入らないという方にとっては、挫折しやすい仕組みでもあります。

そんな方には、自分専属のトレーナー等がついて、カリキュラム作成やスケジューリングをきちんと管理してくれる以下の2つのスクールがお勧めです。

値段は他のスクールよりも高くなりますが、数か月で英会話力を高められる確実性が高いです。

【レアジョブ本気塾】
フィリピン英会話のレアジョブが、2か月という短期間で英会話力を向上させることにコミットした別プログラムです。日本人トレーナーがついて、自分に必要な原稿作成等も手伝ってくれるトータルプログラムです。週1回の通学指導もあるので、オンラインだけでなくface-to-faceの指導もあった方が学習意欲が継続しそうと思う方にはお勧めです。

【BizEnglish(ビズイングリッシュ)】
3か月間専属担当講師とのマンツーマントレーニングで英語力を大きく向上させるプログラムです。講師による英文添削などきめ細かな指導を受けられます。短期間で絶対に英語力を高めなければならず、挫折が許されないという方にお勧めです。

オンライン英会話スクール無料体験の活用方法

ここまで紹介したオンライン英会話スクールでは無料体験をやっていることが多いので、それを活用してどのスクールが一番自分に合うかを比較してみるとよいと思います。無料体験であっても英会話の学習には変わりありませんので、タダで学べるチャンスを使わない手はありません。

無料体験では、実際に講師との英会話を体験できるのですが、ただ会話するだけでは自分に合う/合わないを判断しづらいので、「自己紹介ロールプレイング」を行うことをお勧めします。

具体的には、30分の無料体験で英語での自己紹介をトレーニングしたいと講師に伝え、最初に自分で自己紹介をしてから講師に改善点等をフィードバックしてもらい、1回のレッスンでどれくらい自己紹介のスキルがついたかを見てみるというものです。

それを3つのスクール全てで行って、システム的な使いやすさや講師の教え方の違いなどを見て判断してみてください。もし大きな違いを感じないようであれば一番安いスクールを使えばよいですし、自分に合ったスクールが見つかれば、そこがあなたにとってベストなスクールになります。

ただし、どのスクールでも講師の当たり外れは多少ありますので、その点は割り引いてみてみる必要があります。紹介した3つのスクールはどこも1か月単位での解約できるので、やってみて合わないと思ったら別のスクールに切り替えるのも簡単にできます。

最後に・・・考えるよりもまず始めることが大事

英会話でも他の勉強でも、何か新しいことを始めるのは大変ですよね。でも、検討しているだけでは英会話スキルは向上しないので、何よりもまず始めてみることが大事です。

実際に初めて見ると、想像していたよりも楽しかったり、継続するのがそれほど大変じゃなかったりというように、始める前にはわからなかったことがたくさん見えてきます。途中で挫折しても、少し時間を置いてまた再開すればよいだけですし、たとえ挫折したとしても全くやらなかった時と比べれば成長しているはずなので、やらずに考えるよりはまずはやってみることが大事だと思います。

私の経験だと、後でやってみようと思ったことの半分以上はやらずに終わることが多いので、 明日からやろうと思うくらいなら今日やった方がいいですし、今日あとでやろうと思うなら今すぐやってみる方がいいと思っています(もちろん時間が許せばですが)。

私の場合、「とりあえずやってみる」の精神で 英語の勉強を始めてみたことで、英語への苦手意識を克服して、今ではニューヨークの投資銀行で働けるようになりました。今の行動が将来のキャリアを大きく変えるかもしれないので、このサイトが少しでもその助けになればと思っています。

コメントを残す

*