純ドメでも英語で仕事ができるようになる方法を公開します

英語勉強法

私は帰国子女でもない日本育ちの純日本人ですが、現在はニューヨークの投資銀行で日本人一人という環境で働いています。これまでの経験を踏まえて、私が自信をもってお勧めできる英語勉強法を解説します。

英語は「正しく」勉強すれば誰でも上達します

受験でも仕事でも遊びでも何でも、英語ができないよりはできた方が選択肢が広がったり、より良い結果につながったりと、人生にとってプラスの効果が大きいですよね。でも、「勉強してるけど英語が上達しない」「英語の勉強が続かない」といった悩みを抱えているは多いと思います。

私も昔から英語ができたわけではなく、試行錯誤しながら勉強を継続して、今は日本人が誰もいない環境の中で、日本語を一切使わずに仕事ができるようになりました。英語が上達しない時には、「自分には才能がないのかな」と不安になることも多々ありましたが、そんな時は「アメリカに住んでいれば子供でも英語が喋れるんだから自分にもできるはず」と言い聞かせて勉強していました。

これまで様々な勉強法を試す中で、効果が大きかったものも効果の出なかったものもたくさん経験しました。そこから感じたのは、「正しく」勉強すれば英語は上達しますが、勉強法が間違っていると効果が出にくいということです。

そこで、今では英語で仕事ができるようになった私が、過去を振り返って最も効果が高かった勉強法や、逆にこれだけはやってはいけないと思う勉強法を解説していきます(文章の最後に高額の英語教材を売りつけるようなことはないので、安心して読み進めてください(笑))。

正しい勉強法と間違った勉強法の例

具体的に、正しい勉強法と間違った勉強法とはどんなものかを書き出してみますね。

正しい勉強法

  • CDを使って英単語を覚える
  • 英語と日本語訳を見比べながら読む
  • リスニングの後に文章と意味を確認する
  • ビジネス英会話上達のために具体的な場面を想定して英会話レッスンを行う

間違った勉強法

  • 英単語を買いて覚える
  • 英文を全て和訳で書き出しながら読み進める
  • 意味も確認せずとにかく英語を聞き流す
  • ビジネス英会話上達が目的なのに自分の趣味の話等を入れた自己紹介を練習する

これらを「なんでこれが間違いなの?」と思うか、「こんな間違った勉強法しないよ」と思うかは、人それぞれだと思いますが、正しく英語を勉強していれば英語は確実に上達する一方、間違った方法で勉強すれば上達が実感できずに英語の勉強が嫌になってしまいます。

このサイトで紹介する英語勉強法が誰にでも効果的な理由

理由その1:英語ができない中学生から英語で仕事をする社会人になった経験

私は中学時代に英語のテストで28点を取ったことがあり、あまりのショックで親にテスト結果を1週間隠していたことがありました。なので、最初から英語ができたわけではなく、英語ができない人の気持ちも理解できます。

いくら英語ができても、帰国子女だったりすると、日本育ちで英語ができない人の悩みが理解しづらい部分があると思いますが、そういった心配はありません。

理由その2:十分な英語力

自分で書くのも恥ずかしい感じですが、ここまで読んでくださった方には、私が十分な英語力を有していることは察していただけているかと思いますが、少しだけ私の英語力がどのような感じで推移してきたかを説明しますね。

  • (約10年前:TOEIC915点)・・・ TOEIC900点超えしたのに英会話に全く自信が持てず
  • (約8年前:TOEFL107点)・・・ 留学するためにTOEFLを受験。米国トップスクールに留学できるレベルのスコアだったものの、実際に留学してみると同級生との会話に苦労する
  • (約6年前)・・・ アジア各国でビジネスをするようになり、非英語圏の方との英語でのコミュニケーションが得意になったと実感
  • (現在)・・・ ニューヨークに拠点を移した途端、日本の中では自分の武器だった英語が、英語ネイティブに囲まれて弱点に。それでも他の武器(ファイナンス)を生かして何とか生き伸びる

TOEICやTOEFLのスコアは日本人の中ではかなり高い方だと思いますが、スコア自体よりも、特に見てもらいたいのがTOEIC900点を超えたときのコメントです。つまり、英語で仕事をするならTOEICが900点を超えても全く十分ではないということです。

私の場合、その後も英語力を伸ばして今に至るわけですが、もし皆さんが実際に使える英語の勉強をされるのであれば、TOEICのための勉強をするのはお勧めできません。英語力が向上した結果としてTOIECのスコアが向上するのはOKですが、TOEICのスコア向上のための勉強をしても本当の英語力は身につきません(私が証明です)。

理由その3:教え子の英語と数学の点数を40点以上引き上げた経験

私の英語力だけを見ると、「単に元々勉強ができただけじゃないの?」とか「人並外れた努力ができる人だからここまで英語力が向上したんじゃないの?」と思われる方がいるかもしれません。私は某有名国立大学を卒業しているので、勉強ができたことについて否定はしません。

しかし、私は大学時代に、赤点を取るようないわゆる落ちこぼれ気味の生徒を専門に家庭教師をして、複数の生徒を1学期間で赤点から70点超えや80点超えに導くという実績を出しており、私のやり方が誰にでも通じるという経験をしています。なので、英語についても私の勉強法によって成果を上げられる人がたくさんいると確信しています。

間違った勉強法は遠回りどころかいつまで経ってもゴールにたどり着けない

英語の勉強は時間がかかるので、上達している実感が持てないとやる気が持続しません。なので、間違った勉強をすると遠回りをして上達が遅くなるだけではなく、モチベーションが低下して英語の勉強をやめてしまう=いつまで経ってもゴールにたどり着けないリスクが高くなります。

なので、正しい勉強法を知ることが重要です。このサイト「壁の道の向こう」は、実践力の向上をテーマにしたサイトですので、実践に使える英語をいかに効率的に学ぶかを解説していきます。

内容的には、受験英語にもビジネス英語にも共通する部分が多いと思いますので、英語を勉強する方皆さんにとって役立つ情報を提供したいと思っています。

英語の勉強はスピーキングから始めるべき4つの理由

ちょっとの工夫が大きな違いを生む超効率的な英会話勉強法

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*