投資銀行の本格的M&Aモデル作成方法をエクセル付きで解説12

M&Aモデル構築のステップ13では、2社の合算損益計算書を作成します。ステップ12までの作業で2社の合算財務諸表を作成する準備が整ったので、ここからは実際に合算していく作業に入ります。

ステップ13:合算ISを作成する(ただし、利息と税は空欄のまま)

最初に2社の単純合計を作成する

合算ISの計算では、2社の単純合計をベースにして、これまでのステップで計算してきた調整を加えることになります。

まずは、合算BSを作成した時と同じように、ISの項目を2社どちらかのオペレーティングモデルからコピーして、新しいシートに貼り付けます。このモデルでは、PF Combo (Pro Forma Comboの略、合算の試算という意味)というシートで合算財務諸表の計算をしています。

次に、各項目の2社単純合計を計算してください。2社のオペレーティングモデルは同じ形になっているので、2つのシートの同じセルの値を足し算するだけです。なお、営業利益や当期利益などの合計欄の数式は、2社のオペレーティングモデルを参照するのではなく、PF Combo内で計算してください。こうしておかないと、シナジーなどの調整が合計金額に反映されなくなってしまいます。

2社の単純合計に対する各種調整の加え方

次に、2社の単純合計に対してadjシートの計算結果を反映させることで調整していきます。

最初は、フェアバリュー調整の反映です。売上原価の下に1行挿入して、減価償却費(増加分)という項目を作成して、有形固定資産の増加分に対する減価償却費を入力します。同様に販管費の下にも1行追加して、無形固定資産増加分に対する償却費を入力します。エクセルで行を追加する場合には、合計欄で使用しているsum関数が、挿入した行もきちんと含んでいるかを確認してください。

次の調整はシナジーです。売上収益と販管費の式に、adjシートで計算したシナジーの金額を加えてください。

IS項目の調整はこれだけですが、下部の発行済株式数は、2社の発行済株式総数の単純合計ではなく、adjシートで計算した値、つまり新株発行後の発行済株式総数からA社の自己株式を控除した値にしてください。

なお、モデル上オレンジでハイライトしている金融収益・費用と法人税はこの時点では空欄にしておいてください。これらは、別途計算が必要な項目なので、後のステップで計算した結果をリンクさせることになります。

M&Aモデル - 合算損益計算書

次のステップ

前のステップ

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Y より:

    PF Comboシートの中で、有形固定資産・無形固定資産について、減価償却費の増加分を追加されております。
    この点、繰延税金負債分の減価償却費は、合算PLに反映させる必要はありませんでしょうか?

    1. 壁道さん より:

      繰延税金負債分の減価償却費は、法人所得税費用に反映させております。calcシート43-53行目の税金計算の中で、51行目のタックスシールド・フェアバリュー調整が該当箇所になります。

  2. R より:

    お世話になっております。
    “adjシートで計算した新株発行後の発行済株式総数からA社の自己株式を控除した値にしてください”の部分について、adjシートG列50行目にて既に自己株式は控除済みかと思われますが再度自己株式は控除の必要はございますでしょうか。

    1. 壁道さん より:

      この文章は、adjシートで計算した値、つまり新株発行後の発行済株式総数から自己株式を控除した値を使用してください、という意図で書いておりましたが、わかりづらくなっておりました。ご認識のとおり、再度自己株式を控除する必要はございません。

コメントを残す

*